The following two tabs change content below.
小西 玲太朗

小西 玲太朗

海外在住マルチアーティスト兼短編映画系文芸ロックバンド PAYFORWARD(ペイフォワード) コンポーザー。アニメーターとタッグを組んだ作品は第13回新国際ニコニコ映画祭大賞とユーザー賞を受賞、更に第15回文化庁主催メディア芸術祭で優秀賞、またニコニコ動画デイリーランキングでは総合ランキング1位を獲得し、累計再生数は300万を超える。また、グラフィックアーティストとしても活躍しており、Amanaグループ関連グラフィックアートコンテストではグランプリを受賞、大手ゲーム会社やメジャーレコード会社のプロダクトデザイン等も務めた。人気アパレルブランドAndAや韓国のアパレルメーカーにもアート作品を提供するなど、独自の世界観が注目される。また、インフルエンサーとしても強い影響力を持ち主宰するメールマガジンは発行部数20万部を上回り、Instagramフォロワーは2万2千名にのぼる。週刊誌特集掲載多数。世界に可能性を見出し海外移住。南国プーケットで400平米を超える豪邸に居を構え創作活動を開始する。
00caede

小西玲太朗です。
今回はネットビジネスモデル初心者がまず最初に知っておきたい考え方と行動原則というテーマについてお話しします。

ネットビジネス初心者と中級者・上級者・最上級者・トップ・オブ・トップ、そういう人達とは明確にある差があります。それはやはり「考え方」。考え方が変わると行動が変わる。ゆえに「行動原則」も変わっていく訳です。となると、根本的に一番大事にしなければいけないのは「考え方」です。

初心者とその上のフェーズの人達の違いの部分を意識しながら、まずは初級者から中級者へのステップアップをするための考え方というのを教えたいなと思います。というのも、初級者が上級者の考え方を取り入れようとしても前提条件が違うので結局行動に移すことができません。リソースだけでなくお金も足りない訳ですから。
いきなり上級者の考え方について話しても初心者の方にとって有効的ではないので、今回は初心者の方に中級者の考え方を持ってもらうというところをフォーカスして話していきます。

 


仕掛ける人、仕掛けられる人


※インターネットビジネスで実際にお金を稼げた人を「中級者」と呼びましょう。

ネットビジネス中級者の人達はどのような考え方を持っているのか。というところで当然のことながら、仕掛ける視点をもっています。あなたがもしネットビジネス初心者なのであれば、いち早く抜け出さなければいけないのは “消費者の視点” です。

消費者というのは、例えば仕掛けられたものに煽られ感情を揺さぶられ物を購入する訳です。その一方で、仕掛ける側の視点で市場の商品のプロモーションなどを見ていると、これは自分にとって必要なのかどうかというのを自分の仕掛けるビジネスモデルの中で当てはめて考えられる訳です。

もし「ブログで稼ごう」と考えるのであれば、そのブログの例えば、拡散力を強めるためのツールやシェアを促していくシステム、拡散因子のパートナー。それらの契約はお金を払ってでも手に入れたいものになってきます。それがそこでしか手に入らない物であればなおさら。この「考え方」に大きな差がある訳です。

 


初心者と中級者(実績者)の違い


消費者というのは、なすがままやられてる側。
要は仕掛ける側が「こういうふうに誘導したいから、こういう表現をしよう」ということをそっくりそのまま受け止めるから流されてしまいます。

けれど中級者になってくると、消費者側の視点も持ちながら、仕掛ける側(販売側)の視点も探している。
つまりプロモーション側からも覗いていける訳なので、自分に必要あらば買うし、自分に必要なければ買わない。買わないけれど、プロモーションというものを「マーケティングの技術」として学びに変える事が出来る。

つまり冷静なんですね。余裕がある。

初心者は余裕がないからプロモーションの通り煽られて… 煽られて… 煽られるということなんです。そこから抜け出す為に、世の中はすべて仕掛ける側と仕掛けられる側で成り立っている ということを知る方が良いですね。

例えば、スーパーに買い物行く時だって、陳列の順番は“仕掛けられてます” 。
当然の事ながら、お店に入って野菜が並んでいて、魚があって肉があって。陳列の順番が仕掛けられてます。さらに奥に進めば、新しい商品が出て実演販売をやっている。例えばソーセージ焼いていて、美味しそうな匂いがする。鼻に入って来る。「今日夜ちょっと食べたいな」と思っちゃいますよね。これ、仕掛けられてます。でもそこで「匂いという体験をここで与える事によって購買を促進してるんだ。」とか考えることが出来ると、「インターネット上でこの体験をどうやってインターネットの仕組みを通して表現出来るかな」と考える事が出来る。

だから、日常生活で感じる事が全て変わっていく。つまり物の見方が違うんですね。初心者と中級者っていうのはこれが全てです。

当然、中級者と上級者の物の見方も違いますし、上級者とトップ・オブ・トップの見方・考え方も違いますが、まず最初に知っておきたい考え方としては、仕掛けられているという事を知り、仕掛けている人達が何を考えているのか同じ視点に立とうとしてみるというところが、一番重要なポイントになってくるという事です。

それではまた次回。

この記事を書いた人

小西 玲太朗
小西 玲太朗
海外在住マルチアーティスト兼短編映画系文芸ロックバンド PAYFORWARD(ペイフォワード) コンポーザー。アニメーターとタッグを組んだ作品は第13回新国際ニコニコ映画祭大賞とユーザー賞を受賞、更に第15回文化庁主催メディア芸術祭で優秀賞、またニコニコ動画デイリーランキングでは総合ランキング1位を獲得し、累計再生数は300万を超える。また、グラフィックアーティストとしても活躍しており、Amanaグループ関連グラフィックアートコンテストではグランプリを受賞、大手ゲーム会社やメジャーレコード会社のプロダクトデザイン等も務めた。人気アパレルブランドAndAや韓国のアパレルメーカーにもアート作品を提供するなど、独自の世界観が注目される。また、インフルエンサーとしても強い影響力を持ち主宰するメールマガジンは発行部数20万部を上回り、Instagramフォロワーは2万2千名にのぼる。週刊誌特集掲載多数。世界に可能性を見出し海外移住。南国プーケットで400平米を超える豪邸に居を構え創作活動を開始する。